無とは何もないこと

総てがないのではなく「無」という状態があることずら

HikakinTVのオススメ動画(2016/8/15-2017/8/14)

HikakinTV everyday!

前回の記事の続きで1年分の動画から面白かったものを紹介します。

今回紹介する動画はこちら

※特にオススメの動画は「✨」をつけてます

久々のヘビグミ✨

www.youtube.com

お前復活してくるの!?!??!???っていう驚きと普通に食ってる驚きで非常に強烈です。

アケビ

www.youtube.com

www.youtube.com

「ヒカキン 炎上」の定番動画。セットで見ると趣のある動画になってます。

スマホで豆腐切った

www.youtube.com

自分が使ってたスマホということがあり面白かったです。

ハロウィン

www.youtube.com

ウォーリー集団と接触するのが良かった。

強力レーザーポインター

www.youtube.com

Eテレの番組みたいな回。危険すぎて真似できないようなことなので面白いです。

セイキンの新居

www.youtube.com

セイキンの動画を撮っている場所が見れるのが良かったです。

顔が写らないスカーフ

www.youtube.com

見栄え悪くない?

哺乳瓶✨

www.youtube.com

哺乳瓶を大人が使うのって見ないから感想が新鮮で面白かった。

実験するやつ✨

www.youtube.com

www.youtube.com

意外にもド派手で面白いです。

ハブ粉

www.youtube.com

コメントにあったヒカキンがカウントダウンしようとしたらセイキンがピースするくだりが最高です。

マスオさんのマッサージ

www.youtube.com

マスオさんのスキルが見れて得した気分になった。

光るヒップホップけん玉✨

www.youtube.com

あまりにもショボすぎる商品によって動画が半端なく面白くなってます。

チョコのグラス✨

www.youtube.com

入った状態でかじったらそらなという予定調和感があまりに面白い回。

YouTubeテーマソング TK

www.youtube.com

この動画というよりは曲が良いという感じですかね。

現在は『YouTubeテーマソング -Tetsuya Komuro Rearrange-』はiTunesなどでも配信してるのでオススメです。

高級イチゴ✨

www.youtube.com

スネキンTVにつながる高級路線。見ただけでも凄そうです。

スネキンTV✨

www.youtube.com

記念すべき第一回のスネキンTV。高くて美味しいもののレビューは非日常と日常の境にあって良いですね。

スパゲッティを自動で巻いてくれるフォーク

www.youtube.com

Hikakin's pointが低い回は面白い法則。

ヒカキン密着24時✨

www.youtube.com

ヒカキンがいかに多忙かがわかるのと、撮影の様子の撮影があったりと見ごたえのある回です。

金の再生ボタン3個

www.youtube.com

トップユーチューバーが持ってる金の再生ボタンについて知れるのが良かったです。

い・ろ・は・す混ぜる

www.youtube.com

混ぜても普通に飲めるのかと思った。

皮ごとバナナ

www.youtube.com

見た目のインパクト大。

ハンドスピナー

www.youtube.com

www.youtube.com

ハンドスピナーに多大な貢献をした動画。コレを見たらハンドスピナー欲しくなるでしょう。

電動ドリル飴✨

www.youtube.com

あまりにアホすぎる絵面に度肝を抜かれるでしょう。

高級梅干し

www.youtube.com

スネキンの系譜。凄そうな雰囲気が伝わってきます。

1日で沖縄と北海道✨✨✨✨✨✨

www.youtube.com

HikakinTVでも最高クラスに好きな動画です。旅の楽しさ、人柄の良さが伝わってくる傑作回です。私はこの動画を見て沖縄日帰り旅行に行くことにしました。

Youtuberではない話

www.youtube.com

わりとためになる話でした。

無言で大阪に行く

www.youtube.com

旅行シリーズ。無言なので最後に登録登録の曲で〆というのも良いです。

1年間熟成シリーズ

www.youtube.com

www.youtube.com

「マジかよ……」ってなること間違いなし。

週刊誌に撮られる

www.youtube.com

撮られる側から話されるのが珍しくて面白かったです。

クレーンゲームで1万円分

www.youtube.com

ナムコのコラボって結構相性が良いんですよね。

HikakinTVのオススメ動画(2015/8/15-2016/8/14)

HikakinTV everyday!

このひと月ほどはドンキーコング トロピカルフリーズタイムアタックを延々とプレイする生活。 そんなプレイの傍らでHikakinTVをひたすらさかのぼって見続けたので面白かった動画を紹介します。

まだ全部見てはいないので、区切り良くYouTubeテーマソングから1年間の動画で面白かったものを紹介します。

今回紹介する動画はこちら

※特にオススメの動画は「✨」をつけてます

YouTubeテーマソング✨

www.youtube.com

ヒカキンとヒカキンの兄セイキンのデュオによるMV動画。

言ってしまえば特殊回なのでYouTuber入門に向いた動画ではないですね。 ヒカキンやセイキンの動画をいくつか見てから彼らの一つの集大成の動画であると知ってから見るのがオススメ。

前日の動画、明日公開!YouTubeテーマソングについて語る! - YouTube で語られているとおり、オリジナルは2012年に制作されているのでこちらも是非。
YouTube Theme Song - YouTube

ヘビグミシリーズ

www.youtube.com

2015年はアメリカの変なお菓子にハマっているのか輸入してる動画が多々ありますね。

ヘビグミは数ヶ月経ってから思い出したように食べるという強烈なことをしているのでヒカキンの消化器が心配になるので良かったです。

www.youtube.com

ものまねうんち君

www.youtube.com

俺はうんち 臭いやつはだいたい友達

うんち君ラップで見事ランクイン!

引っ越し

www.youtube.com

www.youtube.com

2015/11/25に現在の家に引っ越し。現在の家かその前の家のどちらかをそれなりに見てから見ると楽しいと思います。

おにぎり30秒チャレンジ

www.youtube.com

おにぎりを30秒で食べるのは無理なのかあと思った。

メントスコーラ水鉄砲

www.youtube.com

水鉄砲は水圧で飛ばしてんだから泡立ったらあかんやろとわかりきってるんだけど水鉄砲のサイズといい、しょっぱい結果になっているのがむしろ面白かったですね。

紅白風呂✨

www.youtube.com

もう見た目のインパクトでわかりますね。直球でオススメです。

うまい棒タワー✨

www.youtube.com

地味なんだけど見ていてワクワクする名作回。超オススメ!!!!!

お風呂が沸く音とセッション✨

www.youtube.com

大したことはやってないんだけど見ててとても嬉しくなる動画。君もヒカキンと一緒に嬉しくなろう。

カーテンが作られるまで

www.youtube.com

TVの工場見学番組みたいに楽しめます。

コーラでシャンパンタワー

www.youtube.com

シャンパンタワーがどんだけ贅沢なのかはこの動画で知りました。

金縛りにあった話

www.youtube.com

別に怖くないのが面白い回でした。

フワシュワ

www.youtube.com

身近な食レポ回の代表として選出。自分は激辛回とかはそんなでもないので身近なネタのが好きですね。

セイキンのものまね

www.youtube.com

セイキンの動画を見てると楽しいです。

コーラを泡立て✨

www.youtube.com

発想の時点で勝利してる良作です。

四角いスイカ

www.youtube.com

1万円でもいいですけど~

イカとメロンのかき氷✨

www.youtube.com

果物をかき氷にする発想も良いし特に美味しいわけではないのも良かったです。

冷却スプレーボール

www.youtube.com

真似できない内容だと面白いですね。

大量の超強力磁石

www.youtube.com

鼻に挟むやつはマジで危ないと思う。

臭豆腐

www.youtube.com

セイキンとわちゃわちゃするのが楽しい回です。

スマホ機種変更メモ

機種変更するといろいろ設定の引き継ぎが必要なのでメモしておく。

モバイルSuicaの機種変更手続き(旧端末)

モバイルSuicaAndroidアプリの中でも最強クラスにゴミクソ中のカスなのでSIMカードが入っていないと機種変更手続きができない。先に機種変更手続きをやっておく必要がある。

Smart Switchで引き継ぎ

GalaxyなのでSmart Switchでアプリの一括インストールが可能。最強。

アプリの設定

無限にログイン地獄が来る。

「ウルトラ5つの誓い」とは

帰ってきたウルトラマン最終話『ウルトラ5つの誓い』より

f:id:gengesa:20180419192757j:plain

「ウルトラ5つの誓いを言ってみろ」

「嫌だ」

「言いたくなければいい。だが次郎、大きくなったらMATに入れ。MATの隊員はみんな勇気ある立派な人達だ。君も、嫌なもの許せないものと戦える勇気ある男になるといい」

f:id:gengesa:20180419192747j:plain

ウルトラマンに変身し、飛び去る郷

f:id:gengesa:20180419192753j:plain

郷さーん

ウルトラ5つの誓い
一つ、腹ペコのまま学校に行かぬこと
一つ、天気の良い日に布団をほすこと
一つ、道を歩く時には車に気をつけること
一つ、他人の力を頼りにしないこと
一つ、土の上を裸足で走り回って遊ぶこと

聞こえるかい、郷さーん

f:id:gengesa:20180419192750j:plain

(ナレーション)

こうして、ウルトラマンは去っていった。

しかし、太陽のように強くたくましかった郷秀樹はこの少年と少女の心の中で、いつまでも燃え続けることであろう。

さようなら、郷秀樹。さようなら、ウルトラマン

「ウルトラ5つの誓い」の解釈

ウルトラ5つの誓いはウルトラマンファンにしばしば言及され、パロディで使われることもある。

しかし、どうも言及され方が間違っていることが多いように思えてならない。特に、ウルトラマンメビウスで「ウルトラマンが残した言葉」とされて神聖視されているのが違和感が強い。

帰ってきたウルトラマン』は郷秀樹の人格がウルトラマンの人格と一つになっていく描写がなされている。そんな中、ゼットンを倒したウルトラマンが郷秀樹の姿になって次郎たちに別れを告げに来る。

次郎少年がウルトラ5つの誓いを言いたくないと拒んでいることからも明らかなように、これは郷秀樹から次郎に対する別れの言葉である。決してヒーローであるウルトラマンが子供に対して教えを説いているのではない。ナレーションも「ウルトラマンは去っていった」「太陽のように強くたくましかった郷秀樹」と区別して言及している。

誓いが日常的な内容なのは郷秀樹という人間としての命を終える前の最後の言葉だからだ。次郎という少年(あるいはメタ的には視聴者である子どもたち)に対する言葉であるから意味がある。


ウルトラマンメビウスでアイハラ・リュウの初登場シーンはウルトラ5つの誓いを叫ぶところから始まる。「尊敬する隊長が子供の頃友達に聞いた言葉だ。ウルトラマンが残した言葉らしい」と言う。

そうじゃない。大好きな兄貴分が遺した言葉だから心に刺さるのであって、大人が又聞きで心に刻む言葉じゃない。ウルトラマンが遺した素晴らしい名言なんかではない。

ウルトラ5つの誓いは郷秀樹と共に過ごした日々があって成立する言葉なのである。

TEXHNOLYZE 感想

はじめに

TEXHNOLYZEの配信がない(フジテレビのサイトにはある)と言ってたらにゅーあろーんさんがDVDを貸してくれた。これ幸いとTEXHNOLYZEを一気見することに決めた。バトルスピリッツ ブレイヴが積み状態になってるが面白いアニメだしひとまずTEXHNOLYZEを先に見てしまうことにした。

幼少期にウルトラマンガイアに心を揺さぶられて20年。年初にデビルマンレディーを一気見して3月になってTEXHNOLYZEを一気見。1クールに小中千昭作品を3クール分も摂取してしまい2018年冬アニメは波乱のクールとなってしまった。

デビルマンレディーのときと同じく今回も感想記事を書くことにした。

各話感想

ROGUE:01 "STRANGER"

OPからして強すぎる"チカラ"を感じる。テーマ曲がインストゥルメンタルな作品はたまにあるけど、ここまで"チカラ"に全力を注いだOPはなかなか見ない。

本編もAパートは喘いでるくらいでまともな台詞は一切ない。unit2(DVD 2巻)を見た後に見るとある程度は何が起きてるのかわかるけど初見でこれを見ても何も分からないと思う。"チカラ"アニメーションとでも呼ぶと良いのか。

Bパートも台詞があるが特に話の意味がわかるようにはならない。

なんだこのアニメは。

ROGUE:02 "FORFEITURE"

吉井側の話はちょっとわかってきた。でも何を言ってるのかはよくわからない。

櫟士は右腕と左脚を切られてつれぇよと言ってる主人公らしき男でしかない。

なんだこのアニメは。

ROGUE:03 "TEXHNOPHILE"

ようやく主人公らしき男の名前がイチセとわかった。EDには櫟士と書いてあるけどそもそも読み方もわからないし。

死亡字幕をオンにしているので大西が救民連合と敵対してるっぽいこともわかった。まあ大西が何者なのかわからないので何もわからない。

テクノライズが義手・義足のようなものなのかなというのがなんとなくわかってきた。

死亡字幕で主人公の気絶字幕が出てきたんだけど、そういうのもありなのか。

ラストカットは櫟士が気絶してるカットを映してすーーっと終わった。なんだこのアニメは。

ROUGE:04 "SYNAPSE"

我等、人の上に立つ者に奉仕する事を生まれ定められた者たるや!?

否!

我等、己の幸いのみの為に生きるべき者か!?

否!

我等!救民連合の欲し求める事!

心・身・誠・救・済!!! 4話脚本より

ドクがテクノライズについて説明してくれた。説明してくれてもわからないものはわからない。

なんか救民連合の雰囲気が革命思想っぽいことがわかった。

櫟士テクノライズされた自分の手足に怒りを表すけど、櫟士の心理描写が極限まで排除されてるので何故そうなったのかよくわからない。

なんだこのアニメは。

ROUGE:05 "LOITER"

今回の脚本は吉田伸。遊戯王を書きまくってる人らしいけど自分のイメージはアグルや「運命の光の中で」だなあ。

それはさておき吉井がボロボロの娼婦を買ったりしてる。目的がよくわからないのでわからない。

ドクの研究所から逃げ出した櫟士がまた2話あたりの状態になってるが、ラストで地上に出てきたところでスッキリする感じがあった気がする。

「なんだこのアニメは」感もこれまでよりは収まった気もする。

ROUGE:06 "REPETITION"

テクノライズがなんなのかとか地上と地下に別れてることとかなんとなくわかってきた。

5話までがあまりにもわからなかったのでこれだけ情報出されるとビックリする。

ROUGE:07 "PLOT"

救民連合とオルガノが対立していて吉井によって戦いが避けられない情勢となるという非常にわかりやすい話だった。

任侠モノな雰囲気が一気に濃くなってきたし一気に話が動いてきた感触が得られた。

死亡字幕の893年ってふざけてるのかと思ったけど、任侠モノだから893年だったのか。いや、任侠モノでも893年はふざけてるけど。死亡字幕そのものも仁義なき戦い(見たことない)のパロディなのか。

ROUGE:08 "CRUCIBLE"

ラカンというクソガキ不良共の集団が救民連合とオルガノの争いに首をつっこんできたのはわかった。

吉井が狂言回しとしていろいろ暗躍してるっぽいのはわかった。

櫟士周りの話は全然わからん。ドクの飼ってる実験動物が死んだっぽいことしかわからん。

オルガノに血まみれで入ってきた人もわからん。

「心・身・誠・救・済」と唱和する連合員とか大西の台詞とかが絶妙に聞きやすいようになってて耳で感じる雰囲気が心地よい。

面白くなってきた。

ROUGE:09 "WIGGLE"

大西が責任取ってケジメつけろやという仁義なき戦いみたいなやつなのかな(仁義なき戦い見たことないので適当な想像)。

今のところ字幕で主人公と書かれてるだけの櫟士より大西の方が主人公っぽい。

ROUGE:10 "CONCLUSION"

吉井が櫟士に殴られて落ちて銃殺された。ここまで見事に狂言回しを全うして死んでいったキャラはなかなかいなそう。

展開も動くし設定も見えてくるし大西は死ぬしで『CONCLUSION』というサブタイトルにふさわしい前半のまとめになってる回で面白かった。

物語が吉井の手から離れたことで新たな動きを見せると思うので今後の展開の期待も膨らむ。

ROUGE:11 "VAGRANT"

vagrantと言ったら仮想環境を構築するソフトしか思い浮かばなかったけど「放浪者」「浮浪者」といった意味があるらしい。なるほど。

実の息子に対価としてセックスを要求する父親ナニモンだよ。

水野が連合やラカンにあしらわれるギャグ回の雰囲気。字幕もふざけてる。前回いろいろやったけど小者だったのでギャグみたいに片付けられてしまった。

櫟士オルガノに加入してようやく本筋に関わってくる感じ。セリフも今までに比べてはるかに多かった。折返しにしてようやくまともにセリフが入ってくる主人公はなかなかいなそう。

話もどんどん動いてくれるし面白い。

ROUGE:12 "PRECOGNITION"

シンジがなんでもいいと言ったら露骨にイラッとしたヨウコはなんだろう。

櫟士の親父の話が出てきたりと櫟士についての過去が描かれたり、蘭と櫟士

ROUGE:13 "VISTA"

櫟士がスーツになった。

1話で出てきたっぽいガベがようやく話に関わってきた。

物語はカタストロフに向かってるのかなというのも見えてくる。

ROUGE:14 "REJECTION"

テクノライズが上の世界のありようとも関わってるっぽい。

櫟士が悩んでたりと序盤からすると信じられないほど人間味のある展開になってきた。

ROUGE:15 "SHAPES"

アクションが多くて見やすい回だった。

"幽霊"が終盤に向けてのキーポイントになってくるのかどうかはまだ何とも読めない。

ROUGE:16 "STRAIN"

ラカンも連合もオルガノも分裂してロボット兵みたいなのが出てきて流9洲の終焉に近付いてそう。

救民連合は久々に出たら分裂してるし、今後の活躍に期待したい。

流9洲100年の歴史て893年じゃなかったんかい。

後半になってどんどん話が凝縮されていってるように感じる。

ROUGE:17 "DEPENDENCE"

木俣は犬死するし連合員は特攻始めるし救民連合という組織は徹頭徹尾狂信的集団だった。

TEXHNOLYZE』というタイトルに物語がフォーカスしてきた印象。これが元から決まっていた展開ではないというのが凄い。

古波蔵がシェイプスへテクノライズされる際の"分解"の様子がグロ描写でもなく坦々と描かれてるのがエグい。

ROUGE:18 "THRONE"

物語も大西が足を渡した金持ちにまとまってきていよいよ大詰めというところ。

櫟士オルガノに加入してからここまで話はわかりやすい内容で展開してくれたおかげでスイスイ見れた。スイスイ見れたので感想も短くなってしまった気がする。

次回はついに上の世界の話になるのにTV放送では飛ばされたのやばいな。

ROUGE:19 "HEAVENWARD"

ついにやってきた地上はのどかな風景なことに面食らう。櫟士も見たことない景色に面食らっている。

咲村の上司的な人が少女の姿で出てくるけど、ドクの幼少期の姿のように見えた。あるいはドクの視点で描かれているからそういう描写なのかもしれない。

地上ののどかなのに不気味、不気味だけどのどかな描写は秀逸。流9洲の薄暗い世界との対比も効いている。

ROUGE:20 "HADES"

ドクの幼少期かと思ったけど、櫟士の視点でも同じ姿なので特にそういうわけでもなさそう。
DVDブックレットを見たら幼女の姿で警戒心を起こさせないためか近親者かとか書かれていた。警戒心を起こさせないためというのは最近流行りのVRChatにも通ずるところがある。

ドクは自殺?し、遠山も櫟士と戦って死ぬ。 終盤になるにつれて主要キャラクターが退場していく展開はデビルマンレディーも思い出す。そうすると不動ジュンが腕を失って終わるのもなんとなく意味を見出したりしたくなる。

櫟士が父親のような幽霊に話をすることで、ようやく櫟士が物語の中心で動いたという感慨がある。

市庁舎ってなんだったんだろうか。地上は平和な世界を追い求めたディストピアの末路みたいなものなのだろう。

流9洲歴 893年 昼
         ドク、地上に永眠ス

なるほど

流9洲歴 893年 昼
         蝉、ミーン ミーン 眠ス

は?

ROUGE:21 "ENCEPHALOPATHY"

19,20話が放送されなかったからかOPの代わりに歴史が語られる。本編よりわかりやすい。

地上における人類の袋小路を描いた後に描かれる流9洲という街の袋小路。いつの間にかシェイプスは一層されオルガノの残存勢力と暴徒と化した民衆の争いになっている。吉井もそうだったけど、変革を行おうとするものは変革のきっかけになるけどそのものの変革にはなってないような描写になってるような気がする。

道子がボロボロになっているのが悲しい。

櫟士よりも主人公らしかった大西。最期まで主人公らしかった。

ROUGE:22 "MYTH"

見事なまでの全滅エンド。

冒頭でシェイプスの凄い銃を防ぐ凄い盾が登場したり乾がシェイプス化していたりが一気にダイジェストされる。本来はもっと話数があったとのことなので元のエピソードから削られたものなのかな。

シェイプス樹木化している古波蔵がシェイプスになって良かったとか等活第9小地獄とか言ってるのもど~~でもいい感じになっている。

そして、最後の最後まで死亡字幕が自己主張してくる。なんだよあのスペース。

『実録!救民連合』

死亡字幕にとどまらず、実写の特典映像でも悪ふざけをし始めた。

「4へぇ」で放送当時トリビアの泉が人気だったことやフジテレビで放送されていたことに思いを馳せる。

『実録!ガベの男衆』

救民連合よりも悪ふざけ度合いが上がってる。ってか平尾(仮名)さんナニモンだよ。

それでいてガベの体制は長老が作ったという発言もあったりと裏設定が開示されてたりするのも面白い。

『実録!ラカンメンバー』

また平尾(仮名)さんだ。流石に方向性がわかってきた。へぇへぇ

『実録!オルガノ

平尾(仮名)さんシリーズ最終話。ちょっとマンネリかな。『実録!救民連合』がインパクト、内容ともに良かった。

平尾(仮名)さんシリーズは「かつて流9洲と呼ばれた都市で発見されたもの」ということで流9洲の終焉のその後を感じさせる一文がなかなか良い演出になってる。

全話視聴して

小中氏がデジモンテイマーズのBD-BOX用に解説したサイトにデビルマンレディーTEXHNOLYZEの脚本がアップロードされてるので一部を読んだ。22話b1以外は最終稿ではないのかコンテで大きく変わったのか本編と違う箇所がわりと多い。1話は本編よりも更に台詞が少なかったというのが凄い。

死亡字幕やDVDの注意書きの裏面や実録!平尾(仮名)さんシリーズや公式サイトに並ぶ遺影などなど本編以外はふざけたコンテンツだらけだったが本編の話自体は全く明るくないし、全然愉快な話でもない。

テーマ的なこと

全体を通して見ると3つの柱がある構成になってるように思った。といっても必ずしもそういう意図があったとも限らないような発言はブックレットやTwitterに見える。

流9洲の街の任侠バトル

吉井・大西を中心とした流9洲・オルガノについての話は観たままわかりやすいけどあくまで狂言回し的な意味合いが強いのかなとも思う。小中脚本が中盤には12話にしかなかったのもそういう印象になる。それでも吉井さんがあの雰囲気で暴れまわるのは面白いし大西は最後までかっこよかった。

ところで大西が32歳はわかるとして、吉井さんが28歳なのは流石に老け過ぎでビックリした。地上人は刺激がなさすぎて老けるんだろうか。

オルガノで変わっていく櫟士

「怒りに任せて暴れるだけのクソガキだった櫟士がドクのテクノライズの影響もあってかオルガノに入って大人になり父親と向き合うことができた」
おそらく櫟士のエピソードをまとめるとこうなるか。櫟士の心情という軸は意外と単純に構成されてるように思う。

テクノライズによる進化と袋小路

テクノライズによる進化は櫟士のエピソードとも絡んでいるが、やはりシェイプスという異形のテクノライズを登場させたことで『TEXHNOLYZE』というタイトルと向き合えた気がする。

結局、ドクによるテクノライズもシェイプス化テクノライズも日の目を見ることなく流9洲の歴史へ消えていった無常さが終わりのイメージに良かった。

暴力的な者などを排除して作った地上の世界は『デビルマンレディー』の神となったアスカ蘭に救われた世界ともイメージが重なる。安らぎしかない世界には刺激も何も存在しないんだろう。

人類の進化という見方をしたのは放送中の『重神機パンドーラ』1話と2話の間に終盤の話数を見たという影響も多分にあると思う。逆に『パンドーラ』2話で世界の進化について描写されていたところではTEXHNOLYZEを思い出したりもした。関係のない作品だったとしても自分という個人が見る以上はなんとなく重ねてしまうところはあるものだけど、パンドーラが始まったこのタイミングでTEXHNOLYZEを見れたというのは「すべてのことには意味がある」を感じざるをえない。

ツイートを見て

小中さんは「最初は辛いけど後半はスルスルいきますよ」、にゅさんは「1話から面白かつた」と反応を貰ったりした。

自分の感想としては1話は圧倒的なチカラで一気に引き込まれるし、4話の救民連合に話をつけに行く大西とかで面白いけど、後半スルスルというのは非常に納得がいく。特にシェイプスが出てきてからは話の展開が急激に早くなるので一気見の充実感が最高だった。

2017春アニメ雑感

アイドルタイムプリパラ

実際のところ、たまにしか見れてない。

キャラの動きは3年目より良いと思う

ID-0

序盤を見て琴線に触れるものがなかった。

アトム ザ・ビギニング

天馬博士なんなん。

エロマンガ先生

わりと楽しめたけど、終盤の展開を忘れた。

銀の墓守り

OP曲がかっこよかった。

クロックワーク・プラネット

古臭くて面白くないアニメだった。

サクラクエスト

序盤見て忘れた。

サクラダリセット

2017年夏アニメ雑感 - 無とは何もないこと

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?

サテライト×C2C作品。

原作3巻のラストの引きなくすことで1クールアニメとして綺麗にまとめあげてるのが見事。

9話のエーイチコンテ・演出回も良かった。

正解するカド

これは面白いアニメだった。

野崎まどは劇場しか読んでなかったけど『2』まで一気に読んでしまった。

TLでは高評価だったので最終話が世間的に叩かれまくったと聞いて正直めっちゃ嬉しかった。

世界の闇図鑑

闇芝居4期よりは良かった。

でもやっぱり飛び道具に頼りすぎ。

武装少女マキャヴェリズム

こういうのでキャラに惹かれなかったのは致命的。

BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-

普通に見なくなった。

まけるな!! あくのぐんだん!

EDのクレイアニメが良かった。

ラブ米-WE LOVE RICE-

EDの浪漫飛行も良かったし、言葉遊びもハマってて良かった。

リルリルフェアリル~魔法の鏡~

見るのがめんどくなった。

Re:CREATORS

5点!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2017年夏アニメ雑感 - 無とは何もないこと

恋愛暴君

1話はめちゃくちゃ面白くて2話はう~んだったので見なかった。

オランゲーナアニメという感じ。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典

1,2話が最高に面白かったけど、3話以降が1,2話を超えることがなかったのが残念。

夜は短し歩けよ乙女

原作を読んだときはキツくて断念したけど映像になって脱臭されたのか楽しく見ることができた。

KING OF PRISM -PRIDE the HERO-

初見のときはう~んってなったけど、なんだかんだで好きになれた。

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

CMの「わかった。なんとかしよう」とか「ディープ・ミスト・ディスパージョン、発動」とかのテンションを結構しょっぱい規模で残念だった。

2017冬アニメ雑感

けものフレンズ

今となっては続編がコケつつめっちゃ面白いのが見たいしたつき監督の新作は大ゴケしてほしいという感情しか出てこない作品になってしまった。

昭和元禄落語心中 -助六再び篇-

ま、こんなもんでしょう。

スクールガールストライカーズ Animation Channel

1話を見て何も心が動かなかった。

Spiritpact

なんでこれがヒットしてチークラがヒットせんのかわからん。

ハンドシェイカー

先行上映で見たときは気持ち悪かった画面もPCモニターなら大丈夫だった。

最後の対戦相手が一番どうでもいい話だったのが惜しい。

BanG Dream!

1話見たというのは覚えてる。

闇芝居(第4期)

4期は視覚に頼らないようにしようとして意味不明なだけの話になってしまった。

霊剣山 叡智への資格

1期はコメディ要素が強かったけど、2期はかなりシリアス寄り。

問心剣での王陸の叫びは最高だった。

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-

アスナマザーズ・ロザリオ使うところが一番好き。

あと、東都工業大学とかいう見覚えがある風景が出まくってたのはめっちゃウケた。

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

作画もいいし冒険っぽさもいいしめっちゃ面白かった。

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

夢要素がなんだったんかなというところ。

技術者の話とか持ち上げられたけどそんな話じゃないやろ。