無とは何もないこと

総てがないのではなく「無」という状態があることずら

北京旅行の感想

行ってきました北京

http://www.nanabunnonijyuuni.com/news/archive/?511758

「2週間切ってから海外イベントを発表されてもな~~~」と思ったら予想外に安く行けた北京旅行のことをブログに書くのをすっかり忘れていたので、いまさらながらまとめましょう。

COVID-19が出る前に中国旅行できたのは本当に良かったです。

計画編

http://nes-2-dolphin.hatenablog.com/entry/2019/11/07/213839

1日目

中国に向かう

金曜27:00(土曜3:00)に出発という深夜便なので終電近くの電車で羽田に行きます。

f:id:gengesa:20200229014841j:plain

夜の羽田はなかなかキレイ。と言っても長居するほどでもないのですぐに戻ります。

羽田空港に着いたら海南航空の窓口でサクッと手続きを済ませてもまだ1時前。暇だ~~~~~~~~~~。

MUFGゴールドプレステージ(相当)のカードがあるので、カードラウンジで三四郎オールナイトニッポンを聞きながら暇をつぶします。深夜なので空いてて良いですね。成田は出国審査後にカードラウンジがなくて非常にダルかったのでその点でもとても良いです。

搭乗するまでは当然ながら特に変わったことはないです。

まず驚きなのが、CAの制服がチャイナドレス風なところ。既に異文化交流感あり!

アメリカン航空の成田↔ロサンゼルス便は日本人スタッフもいて日本語での案内もあったりしたのですが、海南航空の羽田↔北京は日本語での案内など一切ありません。中国語か英語です。飛行機の案内は簡単な英語しかないのでまあ大丈夫です。

f:id:gengesa:20191118002052j:plain

機内で数少ない日本語要素がこの音楽プレーヤーでした。「ひなたざか46」「はやみ さおり」と表記が怪しいのもご愛嬌。紅蓮華とかKing Gnuの白日とか他にもいろいろ。

他に韓国のヒットソングもありました。

f:id:gengesa:20191118002126j:plain

3,4時間程度のフライトなのに国際線だからか普通に機内食が出ます。羽田-那覇も3時間やぞと思わなくはない。

なんかおかずの盛り付けがおいしくなさそうだけどまあ普通でした。温かいパンが出てくるのは良かったです。

f:id:gengesa:20191118002140j:plain

機内食のヨーグルトを食べていると隣に座っていた中国人のおばさんが話しかけてきたのでせっかくだからと筆談してみることに。

中国ではヨーグルト(酸奶:スアンナイ)が人気あるとかそういうのとかをGoogle翻訳を駆使して会話。機内Wi-FiはないのでGoogle翻訳のオフラインファイルを先にダウンロードしてて助かりました。

上のは「中国人は旅行客大歓迎」「北京には一人来たんですか?」「あなたの見てる漢字は繁体字だけど大陸では簡体字を使う たとえば張-张」という意味になります。

ちょうどKindleに中国語を勉強する本があったのでそれを見せながら「計-计」「車-车」と手書きしてわかるよ感を出したりしました。

出発前に1週間ほど本を読んだだけで大学の第二外国語で中国語やってたときよりよっぽど簡体字が読めるようになってました。

f:id:gengesa:20191118002529j:plain

3時間ほどのフライトで5時過ぎ(日本時間では6時過ぎ)に到着。到着したは良いもののなんと機内で1時間待たされるという早速の洗礼。

SIMカードを香港SIMに入れ替えたり、百度地図や乗換検索アプリやらをインストールして適当に暇を潰しました。

めちゃくちゃ結局着陸してから1時間20分でようやく降りることができました。

f:id:gengesa:20200229023101j:plain

空港から市街地まで電車で移動します。中国ではあらゆる駅の入場口で空港の簡易版のような荷物検査されますが、みんな慣れたものであまり混雑は感じませんでした。

空港から出ている電車は北京市地下鉄とは別の路線なので料金体系が別になっていますので、ひとまず地下鉄東直門駅まで向かいます。もちろんアリペイを使って払います。

そして地下鉄での乗り換え。

地下鉄は一卡通(イーカートン)というSuica的なやつがあるとのことなので東直門駅の乗り換えのところの窓口で購入。

「我求一卡通」とメモ帳に書いてアリペイ画面を見せると、アリペイは使えないとの返答。銀聯カードを見せてもダメ。嘘やん。

仕方がないので現金で払いました。20元のデポジットがあるので100元紙幣を出して80元をチャージしました。これがこの旅行唯一の人民元紙幣の使用です。

あとから考えると、乗換ゲートでの窓口なので簡易的なものしかなかったのかもしれないです。

東直門駅の普通の出入り口の方だとアリペイで買えたんでしょうかね?

紫禁城でさっそく疲労

f:id:gengesa:20191109084703j:plain

リスアニライブまでは時間があるので朝から予定通り紫禁城観光します。

紫禁城には入るときにはかの有名な天安門を通ります。

政治的な意味合いも非常に強いためか厳重なセキュリティで荷物検査があります。

並んでると日本人旅行者が「みんな共産党員なのかな」などと会話してました。

f:id:gengesa:20191118002637j:plain f:id:gengesa:20191118002552j:plain

天安門の道路を挟んで向かい側が天安門広場ですが、めっちゃ広いということ以外は特に何もわからなかったです。

紫禁城は北京有数の観光地だけあって非常に人が多いです。日本でも中国人が多い観光地は多々ありますが、本場中国の観光地は中国人がめちゃくちゃ多いです(当たり前)。

キョロキョロしながら写真を撮ったりしてると「一人で旅行に来て写真を撮りたいけど頼みづらいな~。あ、一人の人いるから頼んでみよう」というノリで垢抜けない大学生くらいの女の子が話しかけてきました。

残念ながら何言ってるかわからなかったです。とりあえず首を傾げて何言ってるかわからない感じを出しながら「我是日本人」と返答しました。

やらかした感のある表情でどうしようとなってたのですが、iPhoneの使い方はわかるので「OK, take a picture?」と英語で話して撮ってあげることにしました。

f:id:gengesa:20200229024738j:plain

ついでにこちらも撮ってもらいました。

f:id:gengesa:20191118002728j:plainf:id:gengesa:20191118002710j:plain

そして天安門を通って紫禁城(故宮博物院)の中へ入ります。故宮博物院はあらかじめネットで入場チケットを購入しておくのが推奨されているのですが、中国の電話番号がないと買えません。出発前に代行サービスで予約しておくのが良いです。

代行サービスで予約しているならば、外国人向けの窓口などはスルーして入場の荷物検査に直行できます。予約時にパスポート番号を入れるのでパスポートが入場券代わりです。

各言語の音声ガイダンスも販売していたのですが、現金しか使えないのと時間が読めないことからスルーしました。

その紫禁城の中ですが、とにかく広いです。あまりじっくり見てないのに1時間以上かかりました。

f:id:gengesa:20191118002906j:plain

お土産屋で買った「大清王朝」の扇子。

BICAF 2019(1日目)

f:id:gengesa:20191118003057j:plain

f:id:gengesa:20191118004634j:plain f:id:gengesa:20191118005556j:plain

BICAF会場の国際展示場へ。

駅の西側に国展があるのですが、入場受付が西側の駐車場なのでめちゃくちゃ歩かされました。駐車場で受付したあと入口(E4とW4の間)まで移動して合計で700mくらいは歩かされたでしょう。紫禁城で歩いて疲れたところにこれは大変でした。

会場周辺の地図/@12974863.966873743,4849400.182652919,16.74z?uid=6eddbe9e7ca531189122e03a&ugc_type=3&ugc_ver=1&device_ratio=1&compat=1&querytype=detailConInfo&da_src=shareurl)

リスアニライブ座席は入場受付時に先着順で決めます。通路側を確保しました。

会場内へ

f:id:gengesa:20191118003909j:plain

PUSHは「押」ではなく「推」。確かに"推進"とか「推」の方が"押印"や"押下"の「押」よりもPUSHに近いのかと納得します。

また、PULLは「拉」でした。

f:id:gengesa:20191118003200j:plainf:id:gengesa:20191118003203j:plainf:id:gengesa:20191118003205j:plainf:id:gengesa:20191118003208j:plain

アニプレックスブースの一角に22/7コーナーがあり、メンバーのサインも入ってました。

リスアニ!ライブ北京

出演アーティスト

名前の聞き覚えがないLiyuuさんは上海のコスプレイヤーです。ステージに出ていきなり日本語で喋りだしてびっくりしました。この前の冬コミに来てたらしいですね。

現地での人気はダントツで新田恵海さん。next artistで表示されたときの歓声がすごかったです。

中国人はライブでも立つ習慣がないのか、座っての観覧になりました。おかげでちょいちょい寝そうになりました……。

夜の北京

夜の北京をさまようように散歩したりしました。治安の悪い都市ではないですが、外国を一人でふらふらするのはあまり良くなかったかなと思います。

f:id:gengesa:20191118004407j:plain

一人火鍋。これで一人前、60元(900円ほど)です。

辛かったので「我求水」と書いて店員に見せたところ、ぬるま湯が出てきてびっくり😖。

調べたところ、中国では冷たいものは健康に良くないとされているらしく冷水は飲まないらしいです。勉強になりました。

火鍋自体は上野で食べた火鍋と同じように美味しかったです。気軽に食べられるのはコスパ良いでしょうね。

f:id:gengesa:20200229043037j:plain

同じビルに熊本ラーメン味千ラーメンがあって驚きました。

f:id:gengesa:20191118004604j:plain f:id:gengesa:20200229034630j:plain

ホテルの近くにお土産屋みたいなとこがあったので物色。日本だと見かけない蹄付きの豚足を購入して食べたりしました。

2日目

f:id:gengesa:20191118004728j:plain

中華民族一家族 同心共築中国夢」といったスローガンが普通に街中に現れるのが北京っぽい。

BICAF 2019(2日目)

ステージイベントは22/7トークショーとスフィアトークショーを見ました。

司会の人(どちらのステージも同じ人が担当)がめっちゃ日本語上手でした。

みうについて「自分の守りたいものにはとことん頑張る意外と芯の強い女の子です」と説明していたのは今思うとそういうことねという納得があります。

f:id:gengesa:20200229042242j:plain

22/7ステージのあとに持ち込んだ『何もしてあげられない』のCD10枚ほどを近くに座っていた中国人に「友達とかに配って」と渡したらめっちゃ喜んでもらいました。

なんか写真を一緒に撮ろうと言ってきたので写真も撮りました。

f:id:gengesa:20191118004805j:plain

物販にアクリルチャームがあったので記念に1個購入。

f:id:gengesa:20191118005112j:plainf:id:gengesa:20191118005117j:plainf:id:gengesa:20191118005122j:plain
f:id:gengesa:20191118005125j:plainf:id:gengesa:20191118005128j:plainf:id:gengesa:20191118005131j:plain
f:id:gengesa:20191118005146j:plainf:id:gengesa:20191118005148j:plainf:id:gengesa:20191118005151j:plain
f:id:gengesa:20191118005133j:plainf:id:gengesa:20191118005136j:plainf:id:gengesa:20191118005140j:plain

前日に撮りそこねていたサイン一式をアップで撮影。

昼食

f:id:gengesa:20191118005448j:plainf:id:gengesa:20191118005450j:plain

屋台の炒飯12元(180円)の炒飯。辣油と味の素がぶちこまれててめっちゃ美味しかったです。ちなみに、レンゲやスプーンではなく割り箸で食べました。炒飯でレンゲ使わないなら使う機会がないのでは?

地下鉄

f:id:gengesa:20191118005635j:plainf:id:gengesa:20191118010008j:plain

国家機密を守りましょうみたいな広告が結構強烈です。他に文明的な地下鉄にするために大声で喋ったり飲食したりしないようにしましょうみたいな広告もあったりとなかなか車内広告も強烈。

f:id:gengesa:20191118014557j:plain

車外の壁に映像を投影する広告で地下鉄の外に動画が流れてます。ハイテクってほどハイテクなわけではないと思うのですが、ハイテクっぽさがあって面白かったです。

f:id:gengesa:20191118010134j:plain

f:id:gengesa:20191118010341j:plain

駅の手荷物検査の様子です。「一分安検 十分安全」という標語がありました。

北京オリンピック会場

前日から歩きすぎて疲れていたので万里の長城には行かずのんびり過ごすことにしました。

f:id:gengesa:20191118010048j:plainf:id:gengesa:20191118010052j:plain

特に行くところも決めていなかったので北京オリンピック会場でふらふらと時間を潰しました。

北京オリンピック公園駅前にはローソンがあったり日本語、韓国語、フランス語などの案内板があったりと多国籍な感じ。

f:id:gengesa:20191118005757j:plain

ローソンでモンスター(北京産)を買ったところなんだか日本のモンスターより薄い気がしました。

f:id:gengesa:20191118010502j:plain

カフェ(COSTAというイギリス企業)の緑茶の値段がなんと32元。炒飯の2.5倍超の高価格です。

それにしても日本のカフェのような抹茶ラテなどの甘味としてのものだけでなく普通の緑茶がカフェで売られてるのは驚きでした。

旅の終わりに

f:id:gengesa:20200229042729j:plain

北京に行った声優が訪れる決まりでもあるのかというくらい頻出の花家怡園のザリガニ🦞とも写真を撮りました。

この店がある東直門内大街は北京餐飲特色街というレストラン街らしく多くの店があったので複数人での旅行ならこのあたりでディナーを取るのが良いんじゃないかなと思います。

f:id:gengesa:20191118005805j:plainf:id:gengesa:20191118005813j:plain

ローソンやファミマで見かけた「日本国株式会社元気森林」なる謎の会社の謎の商品たち。

きゅうりサイダーという意味不明な飲み物は買っても良かったかなあとちょっと後悔してます。

f:id:gengesa:20191118005852j:plain

コンビニ(ファミマ(全家))で売ってた麻花(マーホア)。はちみつかりんとうみたいで美味しくてオススメです。

f:id:gengesa:20191118010538j:plainf:id:gengesa:20191118010542j:plain

一卡通を返却しようと駅の窓口に訪ねたらここじゃないと言われました。

メモ帳を渡すと「上楼」、つまり上の階(駅窓口は地下1階なので地上1階)とのことです。

東直門駅の中ではなくバスターミナルやマクドナルドの近くにある「北京市政交通一卡通东直门营业厅」が返却場所でした。知らないと絶対に迷います。

結局80元のチャージのうち半分も使い切りませんでした。地下鉄の運賃が安かったのが大きかったですね。

帰国

東直門駅で迷ったら、今度は北京首都国際空港で迷いました。

国際線はパスポートを提示して入るエリアに搭乗手続き窓口が設置されていることに気付かず、海南航空の搭乗手続きをする場所を探しました。

搭乗口に着いたのは搭乗開始10分前と国際線にしてはギリギリな時間になってしまいました。

余裕を持って行動したいですね。

f:id:gengesa:20191118010603j:plain

時間帯もあるかもですが、帰りの機内食の方が行きよりも美味しかった気がします。

羽田には1時前に着いたのでバスとタクシーを使って帰宅。翌日は普通に出勤しました。

振り返り

言葉

大学の第二外国語で中国語選択だったり、行書をかじったりしてたこともあり、簡体字はわりと読めました。まちなかで見る言葉の3割くらいはなんとなく意味がわかるのが予想以上に安心感がありました。

最低限、ごんべん「讠」「訁」、かねへん「钅」「釒」、しょくへん「饣」「飠」が読めるだけでだいぶ違うかなと思います。

金額

中国で使用した金額は

  • 現金:100元(一卡通)。ただし返却時に返金されたので50元以上戻ってきた
  • アリペイ:475元ほど。行く前にチャージしたのが500元なのでわりとちょうど。
  • クレジットカード(銀聯カード):0元。使えるところが全然ないうえに使う機会も特になし。

日本で購入した飛行機代、ホテル代をあわせても5万円以内で済む非常にリーズナブルな旅になりました。中国で使った交通費よりも帰宅するときに使ったタクシー代の方が高かったです。

安くて良い旅だったし中国旅行はまた行きたいですね。

行くなら重慶重神機パンドーラ聖地巡礼でしょうか。

2019秋アニメ雑感

完走作品

22/7 計算中

終わってしまった。雑感に何かを書けるほど余裕をもっていないので、ここに書くことは何もない……。いずれ全部の回の感想を書くのも良いかもしれない。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

面白かったりつまらなかったりと非常にムラッ気があったけど、ミサイルと並走したところがあまりに面白かった。

ミサイルとの並走で100億点くらいあげたい。

未完走作品

天華百剣~めいじ館へようこそ!~

京まふの縁があったが、まあ。

どるふろ-癒し篇-

感想→なし。

中国から海を超えてくる作品にしては尖ってるところがなさすぎる。

戦×恋(ヴァルラヴ)

つまらなすぎて気絶。

私、能力は平均値でって言ったよね!

オタク用語連発女キッツ。

アズールレーン

ワールドビジネスエンタープライズが起動したのは良かった。

放課後さいころ倶楽部

ディルハムでフリージなところは良かった。

旗揚!けものみち

魔獣殺しからの制裁の繰り返しが鬱陶しかったのと、グリフォンの子供を攫ってきたところで完全にムリになった。

慎重勇者

2話でドン引きしてEDで爆笑して見なくなった。

俺を好きなのはお前だけかよ

3話でスッキリしすぎてもう見なくていいかなと思った。

Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア-

つまんな。

BEASTARS

まあ、漫画で読んだほうが面白いんだろうなあという雰囲気を感じた。

北京旅行(BICAF リスアニ!ライブ・22/7トークショー )の計画

とつぜんながら北京に行く

そろそろ旅行ブログになってきた気がする……。

なんと出演12日前に告知されるというスケジュール。北京までの旅費はどんなものかなと調べたところ、中国の海南航空で往復3万円を切るという破格の航空券があることが判明。ANAスーパーバリューでの羽田-熊本往復より安い。

土曜3時(金曜27時)羽田発-6時北京着、日曜21時北京発-翌1時羽田着と一応土日で完結するスケジュールなのも強い。

交通手段

日本での交通手段

これまでの旅と異なり変則的な旅程となっているので日本での移動手段の検討が必要になってくる。

行きについては終電近い時間に羽田に向かえばいいので特に難しいことはなし。

深夜リムジンバスで空港を出て、金曜夜の時点で自転車を泊めておいた自転車で帰宅するというのがコストパフォーマンスに優れるプランか。

飛行機が遅れた場合はタクシーで蒲田まで行ってネットカフェ泊というのも考えられる。

北京での交通手段

北京は地下鉄・バスが充実しているらしいので観光地に行くだけならUber頼りだったL.A.に比べると余裕そう。

空港で一卡通(Suica的なやつ)を手に入れれば良いっぽい。あえてDiDiを使うこともないはず。

事前準備

決済手段

支付宝(アリペイ)

中国はキャッシュレス大国だけど中国の銀行口座がないとアリペイも微信支付(ウェイシンペイ)も使えないという状態……だったところに朗報が。

アリペイ、海外から中国を訪れる旅行客も利用可能に! | アリババ株式会社

外国人はVisaやMasterのクレジットカードでチャージしてアリペイが使えるというもの。タイミングがぴったり過ぎる。

とりあえず500元(8000円弱)チャージしたのであとはどれくらい中国での決済は可能な限りアリペイで済ませられるかというところ。

銀聯

下記のチケット購入のためにANA銀聯カードを申し込んだ。すでにANAカードを使用していることもあり審査もすぐに通って4営業日ほどで発送された。

一応日本のコンビニなどでも使えるがほぼ中国でしか使われてない銀聯カードではあるが、中国ではVisaもMasterもほぼ使えないそうなので持っておくと少しは頼りになるのを期待したい。

現金

アリペイで済ませるつもりとはいえ一応100元ほど持っていこうと思う。新橋の金券ショップで調達する。

BICAF(リスアニライブ)のチケット購入

リスアニライブのチケットは上記のアリペイが開放される前に銀聯カードで購入した。

BICAF

まず購入するために会員登録が必要。ちなみに中国語では登录(登録)はログインを意味して会員登録は注册(注冊)と言うらしい。

これは日本の電話番号でできるので簡単。

問題はその後で、決済手段が「銀聯」「アリペイ」「微信ペイ」の3種類しかない。今ならアリペイで払えば良いだろうけど10月末時点ではアリペイを使う手段がなかったため銀聯払いにした。

宿泊

初心者が安いとこに泊まるのはアレなので、日本大使館の近くの北京光明飯店というところにした。

2人部屋に1人で泊まるので1泊1.4万円ほどとちょっと割高感はあるがそんなもんだろうと思っておく。

SIMカード

モバイルWi-Fiは中国本土の回線を使用するためグレートファイヤーウォールに引っかかってGoogleTwitterもLINEも見れず不便なことになってしまう。

VPNを使えば回避できるとはいえなんとも微妙。

香港のSIMでローミングすればグレートファイヤーウォールの影響もなく使えるとのことなので香港SIMが良さそう。

幸いにもSC-02K(Galaxy S9)なら中国のバンドに対応しているので中国聯通香港のプリペイドSIMカードを購入した。

8日で5GBのプランなので足りなくなることはないだろう。

持っていくもの

  • パスポート
  • 財布
  • スマートフォン
  • モバイルバッテリー
    アリペイを使い倒す予定なので重要。
  • SIMカードSIMカード入れるところを開けるやつ
    SDカードケースに突っ込んでく
  • 防寒着
    青森と同じくらいの緯度で同じくらいの気温のようなので完全に冬でしょう。

行きところ

BICAF2019国际动漫展(国際動漫展)

今回の主目的。

展示はあまり興味ないけど適当にボチボチ見れたら良いかな。

万里の長城

さすがに中国旅行して万里の長城に行かないのはもったいない。日曜昼に行くのがスケジュール的にベストか。

紫禁城

天安門とかいろいろあるしまあ必須でしょう。予約には中国の電話番号が必要そうなので代行サービスを使用して予約した。

第三種電気主任技術者(電験三種)に合格するまでにやったこと

はじめに

本当にやったことを書いただけなので電験三種を取ろうと思ってる人の参考になるような記事ではないと思います。

受験動機

  • 電気系院卒
    • 学部時代はかろうじて留年しなかった程度の成績
  • 仕事はIT系(電気系の知識を使う機会はない)

特に役に立つ環境ではないのですが、なんとなく取っておこうと思ってなんとなく受けたというなんとなくな動機です。

2018年の受験

とりあえず2018年に電験三種を受けようと申し込みをしました。

最初は全科目受ける予定だったのですが、

http://caligula-anime.com/news/cg_spfirstboys_eve/がちょうど法規の試験時間に被っていたので法規は断念して3科目の受験とすることに。

理論

腐っても電気系院卒なので理論はとくに勉強しなくても合格点は余裕なので直前に過去問を3,4年分くらい解いてまあ大丈夫でしょという感じで特に深くは勉強しませんでした。

試験後の自己採点でも90点ほどだったので余裕でした。

電力

3科目の中ではこれが一番厄介。大学でやってない範囲も多い暗記科目という感じです。

試験の2ヶ月ほど前に

この本をKindleで買って通勤時間などに読み込みました。

自己採点結果は70点くらいでまあまあできたかなと思います。

機械

機械は大学で習ったこともわりと多かったり、わかりやすい計算問題が多かったりしてとっつきやすい科目でした。

この本を2週間ほど読み込んで自己採点結果90点ほど。

2019年の受験

法規

法規は非常に厄介です。大学でも全然習ってないし、電力に関連する面倒そうな問題も出ます。

電験三種 やさしく学ぶ法規(改訂2版)

電験三種 やさしく学ぶ法規(改訂2版)

とりあえず本を読んでなんとかなるかな~という感じで3周くらい読み込みました。

本番では見たことないような問題もいくつか出ましたが国語力と電気の知識でカバーして自己採点で88点。

感想

まあ簡単な試験ではないですけど、電気系院卒が合格したぞ凄いだろと言うのは恥ずかしいくらいの試験だと思いました。大学で電気系の学部を出てるなら真面目に勉強したら受かるんじゃないでしょうか。

2019夏アニメ雑感

完走作品

ノブナガ・ザ・フール

今まで積んでいたエーイチ監督作品をついに完走。

ノブナガを信じられるかどうかを試し続ける作品だった。

「愛よ、世界を破壊せよ」というキャッチコピーに帰結するのも良いし、霊剣山2期11話の元ネタみたいな回があるのも良いし、いろいろ良かった。

ミツヒデに感情移入してたという監督コメントのとおり、ミツヒデの苦悩をそのまま視聴者にも背負わせる構造が見事。

フリージ

5話が令和になった瞬間に放送された記念すべきアニメとなった。

最初のころは暴力!って感じだったけど後半からつまらない風刺回が増えてきてラブドバイが癒やしになっていた。

ラブドバイの若月さんが乃木坂工事中で出たときに「ラブドバイの人!」ってなれたのが良かった。

鬼滅の刃

たまにダルいところもあったけどキメるところはキメてきたし気持ちよく見れたなあと思う。

Re:ステージ!ドリームデイズ♪

つまらなすぎて1話1話必死で見てどうにか完走。つらすぎる。

キャラの心情が駒なんだよな。

ダンベル何キロ持てる?

序盤のジムで筋トレしてる頃は面白かったのにロシアから来たあたりからジムの話がなくなり始めてつまらなくなってしまった。

魔王様、リトライ!

続け!

ざんねんないきもの事典

まあ無難に面白かった。

未完走作品

手品先輩

いたたまれないだけの気持ちになるので辛い。

ソウナンですか?

ふ~んと思った。

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

ふ~んと思った。

あんさんぶるスターズ

監督:菱田正和だということで期待してたけどストーリーがつまらなすぎて無理。

なんで井の中の蛙を作り出して芸能界の厳しさ語っとるんじゃアホか。

まちカドまぞく

桜井監督だし見ようと思ったけど1話が眠かったのでそのまま流れてしまった。

2019春アニメ雑感

完走作品

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-

劇場先行上映からなので4ヶ月の付き合い。1クールアニメなのには変わりないけどちょっと長く接することができた。

世代でもないのでTRFコラボのEDはそんな刺さるわけでもないんだけど、劇場版で366LOVEダイアリーがあったおかげで楽しめてたというところはある。でも、みんなでいつものBOY MEETS GIRLは流石に良かった。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

これまでのジョジョアニメで一番面白かったと思う。最終話はスペシャルでやったわりにう~んだったけど。

未完走作品

賢者の孫

終盤で積んじゃった。魔人関連はあんまおもろなかったね。

ULTRAMAN(Netflixのやつ)

モーションキャプチャー丸出しの動きキモっ。

ぼくたちは勉強ができない

まず作者が真面目に勉強せえやという気持ちになって厳しい。

なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-

1話はまあまあ面白かったけど2話見る気にならなかった。

八十亀ちゃんかんさつにっき

感想→なし

川柳少女

川柳も何もかも半端で一瞬で気絶。

みだらな青ちゃんは勉強ができない

まあ見なくていいかなと思った。

ひとりぼっちの○○生活

1話は普通に良かったと思うけど、三ツ星カラーズのことを考えるとまあいいかなと。

群青のマグメル

時間の支配者のランクダウン版みたいに見えた。

消滅都市

ふ~んという感じ。

八月のシンデレラナイン

1話の野球をやるのが楽しいというのはとても良かった。3話の入団テストの流れがちぐはぐだったり野球をやるのが楽しいという気持ちと練習試合でボロ負けの話がどうもこうも受け入れがたかったりして自然とフェードアウト。

これの流れで観始めた日向坂で会いましょうが面白かったので良し。

異世界かるてっと

別に原作の4作がそんなでもないしな……。

スカイダイビングやってきた(22/7計算中聖地巡礼)

最近22/7計算中聖地巡礼ブログになってきた気がする。

富士急も京都も鎌倉・江ノ島も行って、ついにはロサンゼルスにまで行った計算中聖地巡礼オタクとして、ヒット祈願スカイダイビング巡礼をしないわけにはいかないので行ってきました。

スカイダイビングするところに行くまでに

f:id:gengesa:20190913010116j:plainf:id:gengesa:20190913010108j:plain

www.skydivefujioka.jp

ということで番組と同じく渡良瀬遊水地にてスカイダイビング。

予約はプロフィールなどを記入したら終わりなので非常に簡単。

移動

東武日光線藤岡駅が最寄りです。山手線圏内からなら2時間弱、1000円程度です。東武日光線は登山姿の老人が非常に多かった。

https://goo.gl/maps/1peKNFUguF6FTJcy6

Googleマップを見るとなんか歩けそうな雰囲気だったので50分かけて歩いたら汗だくになってしまったので駅前のタクシーに乗るのが無難でしょう。

周りにはなにもないので軽食を持っていくのもありだったかも(飛ぶまでは緊張でとても食べる気にならないのでオススメはしないです)。

スカイダイビング待機中

講習を受ける

f:id:gengesa:20190913011525j:plainf:id:gengesa:20190913011525j:plain

到着したらこのトラックで講習ビデオを見て注意事項などを確認。飛び降りるときにインストラクターの表情は笑顔だけど一緒に飛ぶ体験者の表情がガチガチにこわばってるのが印象的。

f:id:gengesa:20190913011821j:plain

その後、番組と同じく椅子に寝転がって飛び降りるときの姿勢についてレクチャーを受けた。

  • エビ反りになること
  • 上を向くこと
  • 膝を曲げること
  • 飛び降りるときはハーネスを掴む
  • 肩を2回叩かれたら腕を広げる

という簡単な講習なのですぐに終了。

この講習の前後で代金の支払い。10:00開始のコースだったので基本料金32000円、ハンドカメラ8000円の計40000円でした。さらに15000円追加するとカメラマンダイバーに撮ってもらえたのですがこれは無しにした。

ここまで合わせておよそ15分ほど。あとはやることもないので日陰で座って待つのみ。

飲料水が置いてあるので緊張で喉が乾いても大丈夫。

トイレは小ならその辺の茂み、大なら近く(といっても車で5分ほどなので車で連れて行ってもらう)の公衆トイレで済ませることになる。

待ち時間などなど

f:id:gengesa:20190913012516j:plain

来る途中に撮った写真がこれ。ダイビングスポットからだと真上にいるので相当高く見えた(実際高度1kmほどなので高い)。その4倍ほどの高さから飛び降りるわけで

f:id:gengesa:20190913011726j:plain

本当にこれになる。

飛ぶ順番は受付順らしく、最後に受付したので最後に飛ぶことに。最後のグループだと待ち時間はおよそ2時間ほど。やることもないので椅子に座ってのんびり待つ。つぼみたいに四つ葉のクローバーを探しても良いか。

計算中でレクチャーしていた人は1人で飛ぶスクール生へのレクチャーで忙しそうだったので残念ながら話しかけられず。そのスクール生のダイビングではパラシュートが綺麗に開かず場外へ降下してしまうトラブルあり。無事だったようなので良かったけど1人で飛ぶのは本当に怖そうだなと思った。

いざスカイダイビング

前のグループが出発する頃にダイビング用のズボンをはいてハーネスを着用する。この時点ではまだ緩めで着用後はまた座って待機する。

さすがにハーネスをつけると緊張が一気に増してくるので水をどんどん飲んでしまった。

f:id:gengesa:20190913015547j:plainf:id:gengesa:20190913015636j:plain

そして遂にセスナへ搭乗。自分が最後に飛び降りるため奥に座ったのだけれど2人分は椅子が設置してあるため椅子に座って外の景色を見ることができた。

f:id:gengesa:20190913015743j:plain

離陸するときでもドアが開けっ放しだった。大型旅客機では味わえない空の旅で本当に吐きそうなくらい緊張がある。飛行機に乗ってすぐが最も怖いかもしれない。

外国人インストラクターがスマイルだとか言ってくるのでとりあえずノリだけ合わせてスマイルしておく。

藤間ちゃんは飛行機で号泣したらしいけど、まあ怖いわな。

f:id:gengesa:20190913020302j:plain

高度1500mを超えた後にハーネスを締めたりと準備体制になり、ドアも一旦閉じられる。写真はそれより後の3000mほどのところ(推測)。

雲の上に山頂が突き出た山があってインストラクターが「Fujisan」と言ってきた。栃木県からでもあんなにはっきり見えるんだなと感心。

ハーネスでインストラクターにガッチリと固定された後は安心感があって一気に緊張がほぐれる。プロに任せるので安心できるけど一人で飛ぶときは異常な緊張感があるんだろうとも思った。

ダイビング開始1分前になると「One Minutes!!」とか言ってハイタッチしたりして無理矢理にでもテンションMAX MAXアゲにさせられる。富士山の山頂より高いんだから気温は10℃を下回っているはずだけど、緊張感と高揚感が高いので半袖でも全く気にならない。

そして降下ポイントに来たらどんどん飛び降りてく。もうあとはインストラクターのなすがまま、講習を思い出しながらドアへ向かい

降下。

自分の場合は一回転することもなくほぼまっすぐ落ちていった。

f:id:gengesa:20190913021954j:plain

落下中からハート池が見えて絶景だった。顔の角度の都合、真下は見えないので落下する恐怖もなく楽しさが強かったと思う。

『22/7のTVアニメが大ヒットしますように!』と叫んでヒット祈願したが動画を見ても全く聞こえなかったくらいには風圧が強い。時速200kmなのだから仕方ない。

パラシュートが開くタイミングは当然インストラクター任せなので突然ガクッと持ち上げられるようになる。2段階で開いているような感触があった。ここでちょっと首の筋を傷めたかもしれない。

f:id:gengesa:20190913022318j:plain

パラシュートが開いてからのハート池。角度が全く違うのがわかる。

パラシュートが開くまでは風圧から守るためにゴーグルをしているのだが、開いた後はゴーグルを外せるので風を直に浴びれて非常に爽快。

計算中では雲を抜けてから下が見えて怖いという感じだったけれど、自分のときは晴れていてずっと地上が見えていたのでその点では大丈夫だった。着陸が近づいてくると位置を調整するためか左右に揺らされるのは怖かった。高さより遠心力の方が怖い。

着地するときに草を食う

パラシュートが開いてからも自転車が走るのと同じくらいの速さで降下してるので着地時には足を上げてインストラクターが先に着地するようにしなければならない。

インストラクターが着地はちゃんとできたのだが、自分の着地で靴から着地してしまい草をえぐってしまい口の中に草が飛んできた。おぇっ

きちんと足を上げて太もも・尻から着地するのがコツなんだろうなあ。

終わり

終わった後は飛ぶ前の気持ち悪さがウソのように消え去ってしまった。

ハーネスとズボンを外し、動画を確認したら終わり。終わってしまえばあっけない。

思い返すとらんらんが飛んだときも終わったとき明るく話して泣き出したのは4thシングルへの想いが溢れてきてなので、そういうものなのかもしれない。

ぉっ

f:id:gengesa:20190913023951j:plain